お問い合わせ・無料査定依頼

物件情報 athome

menu

ローン滞納-任意売却-

  1. ホーム
  2. ローン滞納-任意売却-

ローン滞納でお困りの方におすすめの任意売却

住宅ローンの滞納などにより抵当権が付いたとしても、不動産自体の所有権がなくなったわけではありません。
少しでも有利な形で売却を行いたいと考える場合には、任意売却(任売)がおすすめです。
戸建て、マンション、アパート、土地、空き家を問わず、現在所有されている不動産にお困りごとはありませんか?
福岡市南区の「アーバンクリエイト」は、売主様のご希望に沿った任意売却をサポートいたします。
地域密着を目指してきた当社は、特に長丘・長住エリアを得意としています。

任意売却とは?

任意売却とは?

住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合、多くの金融機関は抵当権に従って不動産を差し押さえ、競売にかけます。この段階まで進んでしまうと、債権者様はご自身の意思で不動産売却が行えません。その結果、市場相場よりも安い価格で不動産を手放すことになってしまいます。

こうした事態を避けるためには、任意売却の利用がおすすめです。競売が実行される前であれば、たとえ自己破産をしていたとしても不動産の名義人が任意売却を行えます。また、すでに競売がはじまっていたとしても、買受の申し出がされていなければ取り下げの申請も可能(入札期間の開札期日の前日まで)。ご自身の意志で不動産売却を有利にすすめるためにも、ぜひ任意売却を検討してみましょう。

アーバンクリエイトによる任意売却のメリット

当社では、宅地建物取引士が売主様の任意売却をサポートします。以下では、当社による任意売却のメリットについてご紹介します。

引っ越しもスムーズ

引っ越しもスムーズ

任意売却をされる売主様の引っ越し費用を捻出します。引っ越し先の斡旋についても承りますので、どうぞお気軽にご相談ください。

※引っ越し費用については内容によって金額が異なります。

売却後も住み続けられる

売却後も住み続けられる

不動産を売却してしまった場合、次の住まいを見つけるのが大変です。当社であれば、任意売却を行った後でも、そのまま今の家に住み続けられる方法をご提案可能です。

交渉はすべてお任せ

交渉はすべてお任せ

引っ越し費用の金額や抵当権等の減額抹消依頼など、任意売却に関わる債権者側との交渉はすべて当社が代理人となり、責任を以て行います。

どんなことでもご相談可能

どんなことでもご相談可能

競売開始から競売後の実務的な処理に関するご相談も承ります。どのようなことも、ぜひお気軽にお話しください。

競売物件がご自宅ではない不動産の場合は、個々で内容が異なります。特に、ビルやアパートなどの投資物件に関するご相談は特殊です。お電話で詳しくお話を承りますので、お気軽にご相談ください。

任意売却が可能な期間

任意売却を行うためにはタイミングが重要です。入札が開始されてしまうと、任意売却が行えなくなってしまいますので、早めの対処が大切になります。

時間経過 タイミング
住宅ローンを3~6カ月滞納すると、債権者が競売の準備をはじめだします。
3~6カ月 債権回収会社に債権が移行し、交渉相手も金融機関から債権回収会社へ変わります。
約1カ月 「競売開始決定通知」が裁判所から届きます。
約1~3カ月 裁判所の執行官が不動産の調査を行い、配当要求終期が決定・公告されます。
競売で入札基準となる売却基準価格が決定されます。
新聞やインターネット等による不動産情報の閲覧が開始されます。
約2週間 入札開始を知らせる「期間入札」の通知が届きます。
時間経過 タイミング
100% 住宅ローンを3~6カ月滞納すると、債権者が競売の準備をはじめだします。
3~6カ月 債権回収会社に債権が移行し、交渉相手も金融機関から債権回収会社へ変わります。
約1カ月 「競売開始決定通知」が裁判所から届きます。
約1~3カ月 裁判所の執行官が不動産の調査を行い、配当要求終期が決定・公告されます。
競売で入札基準となる売却基準価格が決定されます。
新聞やインターネット等による不動産情報の閲覧が開始されます。
約2週間 入札開始を知らせる「期間入札」の通知が届きます。

このように、任意売却は改札日の前日までに行わなくてはなりません。また、それ以前のタイミングであっても、条件によっては難しくなるケースも存在します。早い段階でご相談いただいても構いませんし、支払えないと判断された時点でお早めにご相談ください。

Pick Up!-売却後も住むことができるリースバックについて-

Pick Up!-売却後も住むことができるリースバックについて-

「任意売却をしなくてはならないけど、今の家に住み続けたい」
「事業所登録をしているため、どうしても移転を避けたい」
「一時的に資金が必要ではあるものの、いつか不動産を買い戻したい」

こうしたお悩みをお持ちの場合は、リースバックがおすすめです。

任意売却によって不動産の所有権を失ったとしても、当社との間で賃貸借契約を結ぶことができれば、売却後も立ち退くことなくそのままご自宅に住み続けられます。この形態を、リースバックと呼びます。

引っ越しが不要になるのはもちろん、精神的にもゆとりを持つことができます。さらに、将来的には不動産を優先的に買い戻しできる点も大きなメリットです。

gotop

33.55393543997848,130.391689635582

33.5538505,130.39169500000003

Copyrighit © 株式会社 アーバンクリエイト All righit Reserved.